11/22/2017

燃料タンク



真ん中のDT-1Fタンクは錆取り完了!
手前のBighornタンクは錆取り控え中。

ガソリンタンクって写真で見ると曲線や奥行きが伝わり難いですよね。
やっぱり実物見てみないとですね。

うちには良い見本がたくさん有るので、色々刺激を受けてます!



内山




F8バイソンとF5ビッグホーンの12Vジェネレーターキット


12Vジェネレーターキットの作業が続きます。
F5ビッグホーン用がラインナップされて、問い合わせも多く既にバックオーダーも数台いただいております。
このあたりの車両のオーナー様は絶対数が少ないはずなので、とても意外でしたが、関心の高い方が多いですね。
やっぱりマニア度が高い(笑) でも、だからこそなのか、妙に納得します。
そんなオーナー様たちに向けても、胸を張ってオススメする品です。






元のフライホイールを外し、ステータコイルの交換。
と、簡単に書きますが、この手のカワサキ車はフライホイールを外すだけで大変な車両が多いです。







F8は6Vのポイント車。点火時期をマニュアルに沿って設定します。





点火コイルの取付加工、電球、リレーは12V用に交換。
そして、充電系統、交流ヘッドライト系統が変わってきますので、配線を少しイジります。
配線をイジるのは、知識とちょっとしたセンスでスマートさ加減が変わります。




ジェネレーターキットを組み込み、ファーストキック一発で始動。
ガスが溜まってた感じなのに、明らかに良い吹けのエンジン。
発電量もしっかり、バッテリレスでもぜんぜん大丈夫です。







そして、次はF5ビッグホーンへ。

こちらは車検のあるバイクですので、ヘッドライトの光量問題に12V化はかなり有効になりますね。
ちょうど車検のタイミングですので、今後レポートしていきます。

またF5は、点火方式がもともとCDIです。
これまで6Vフラマグポイント車にはかなり有効な点火方式のアップデートと考えていますが、
もともとCDIの車両は、進角とか遅角とかの関係性も出てくるので、ここが研究材料です。
アドバンス(進角)キットなるものがあり、これを今回入手しましたので、研究していきたいと思います。















11/20/2017

XT600Z


◆YAMAHA XT600Z
 ・Fブレーキパッド交換、キャブレター分解

常連様のNewマシーン。
テネレはエンジン不調とその他整備で入庫しております。


迫力のあるビックタンク! デカイっす。


Fブレーキパッドの交換から。
当店ではディスクブレーキの整備が少ないですが、ドラムに比べて格段に整備性が良いですね。


だいぶ減ってましたね...。


続いてキャブレターの整備を。
タンクを外すとスッキリな車体ですね~。


中速域~の吹けが悪いということですので、分解してジェット類と経路のチェックを。


「YDIS」? 勉強不足なので、これを機に学ばせてもらいます。



それにしてもデカイ...。 移動ガソリンスタンドですね。 
一緒にツーリング行ったらガス欠の心配しなくてイイですね(笑)。




内山




11/18/2017

そして、これから


本日、DT1を新しいオーナー様にお引き渡し。




少し試乗していただいて、戻ってきたときにはこの笑顔。
とても喜んでいただけたようで、ご自宅に帰られてからまたお電話いただきまして
「最高です!」とのお言葉を頂戴しました。こちらも気持ちのいいご感想いただけて最高です!

そして、これからがまたオーナー様とのお付き合いのはじまりと思っています。
一緒にバイク乗ったり、メンテナンスしたり、なにでもフォローしていきますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。




















配線処理


◆YAMAHA DT-1F
 ・12Vジェネレーター取付け

本日も引き続きDT-1Fの作業を。

フライホイールを取付けて、配線の処理まで完了。
IGコイルを取り付けるのに若干の加工が必要となりましたが無事に付きました。

地味な作業ですが、配線をキレイにまとめる事を考えながら進めると結構集中できます。


次にエンジンの始動確認前にキャブレターを分解。
内部はガソリンが抜かれて保管されていたようでキレイでした。
ただ、ガソリンタンクに錆が出ており、フロート室の底に錆が少し見られましたので、念のために清掃しておきます。



各オーナー様、大変お待たせしておりますが順次対応させて頂きます。




内山




11/17/2017

DT-1F 12V化


◆YAMAHA DT-1F
 ・12Vジェネレーター取付け

DT-1は今見てもカッコ良いデザインですね!

こちらは12Vジェネレーター取付けのご依頼を頂きました。
当店お勧めメニュー。お客様にかなり普及しつつあります!


エンジンは以前、店主がOH済みですので状態はGoodです。
こちらのDT-1はリードバルブに変わったモデルのようで、初期型と比べてよりパワーUP化が。
更にエンジンは○○-○なので、強烈ですね~。


ステーターコイル取付け。


残りの作業も進めていきます!




内山




11/14/2017

CB350 Four


◆HONDA CB350 Four
 ・エンジン腰上分解

大変お待たせしております。ようやくCB350の作業に取り掛かりました。

こちらの車両は勤め始めて最初に触った4気筒です。
この度、エンジンの整備をご依頼頂きました。


部品取外してエンジン降ろします。 フレームだけの状態もイイ雰囲気!


CB350はCB750に比べてかなりコンパクトですね。
非力な私でも、なんとか一人で降ろせました...。


CB750はドライサンプでしたが、CB350はウェットサンプ。
ロッカーアームはヘッドカバーに設けられてますね。
構造にも結構違いが出てます。



各ピストン、遊びが有りました...。


バルブにカーボンが堆積してますね~。


可愛いサイズのピストンです。


引き続き分解・清掃をして必要な部品をチョイスしていきます。

しっかりと整備させて頂きます!




内山